飲食店の集客を効率良く行なう【重要なマーケティング戦略】

女性

すぐに依頼をする

web対策

誹謗中傷対策としての発信者情報開示請求

掲示板、ブログ、SNS等で誹謗中傷が問題になっています。現在、インターネット上で問題になっている誹謗中傷は、根拠のない悪口や嫌がらせで第三者の名誉を汚す事と言えます。誹謗中傷対策の1つとして、プロバイダに削除要請を行う事ができます。掲示板やSNSに誹謗中傷に当たる内容が掲載された場合、誹謗中傷に当たる内容を書き込んだ発信者の情報を探す事が第1歩となります。書き込まれたサイトが、SNS、ブログ等の場合、そのサイトの管理者に発信者情報開示請求を行う事が可能です。SNS、ブログ等は、プロバイダ責任法という法律があって、発信情報開示請求をされた場合、発信者情報の開示義務があります。また、発信者が特定でき、更に名誉を汚すと認められた場合、削除依頼を行う事も可能です。

プロバイダ責任法と法務局の位置づけ

誹謗中傷対策として、発信者情報開示請求・削除依頼を行っても、SNS、ブログ等から回答が来ない等誹謗中傷対策が思うように進まない時、法務省管轄の全国の法務局およびその支局に相談する事が可能です。相談しても、なお発信者情報開示請求・削除依頼といった誹謗中傷対策に進展がない場合、法務局が直接SNS、ブログ等に発信者情報開示請求・削除要請を行ってくれます。個人で、依頼した場合、SNS、ブログ等の管理者の連絡先がわからない、管理者に連絡するのが不安という人は、法務局に相談する事をお勧めします。また、SNS、ブログ等は個人からの要請だと対応するのに時間がかかったりしますが、法務局からの要請だと直ぐに回答がきたりします。誹謗中傷対策と知識として、プロバイダ責任法、法務局が窓口になる事は重要な知識だと思います。しかし、削除するまでの間に多くの人に見られてしまえば結局はマイナスイメージが残ったままになってしまうので迅速に対処してくれる逆SEOをサービス業者に依頼すると良いです。逆SEO対策を行なえば削除をする必要がないので、煩わしい手間を省くことも出来るでしょう。